今話題の格安SIMや、SIMフリースマートフォン、MVNOなどを語ります!

今話題の格安SIMや、SIMフリースマートフォン、MVNOなどを語ります!

*

格安SIMや格安スマホのデメリットが軽減されつつある?

      2015/10/02

私が格安スマホを購入しようと思い立ったとき、
まず初めにスマホに詳しい友人に相談しました。
その友人が使っているのはbmobileという、日本通信という会社が
行っている格安SIMのサービスでした。
bmobileおかわりsimという月500円の格安SIMを紹介しているところを見て、決めたんだそうです。

今現在、ここ最近1~2年のドコモやauのスマホを
使っているのでしたら、解約金かからない月に解約して、
そのスマホの端末のSIMロックを解除してもらい
そのままb-mobileやmineo(マイネオ)などの
格安SIMに差し替えて使えるとのこと。

ただ、SIMロック解除対象機種である必要があります。
かなり昔のスマートフォンですと、対象機種でないかもしれません。

スマホを新たに購入して格安で運用するなら、
SIMフリースマホ本体とセットで
販売しているのを購入する方法とSIMフリーのスマホ端末とSIMを
別々に購入する方法があることを教えてもらいました。

そこで初めて、SIMフリー端末がネット以外で購入出来ることを
知りました。
今まで私は、先入観でSIMフリーのスマホはネットでしか購入できず、
安いものは台湾製で高いものはアイフォンだけだと思っていました。

しかし、それは間違えで価格帯もピンからきりまで、
でさらに日本製のものもあることを知りました。

日本のメーカーでは富士通やソニーなどもSIMフリー端末を出しており、
それ以外にfreetelフリーテルという日本の企業もSIMフリー端末を出していました。

初めて聞くfreetelフリーテルという企業をネットでですが、少々調べてみました。
大量ではありませんが色々な機種のSIMフリー端末を出しておりその中でもpriori2という機種がメインで売り出されていました。

クチコミや雑誌などでも安くてコストパフォーマンスがいいと評判もよく、
なにより日本の企業であることが安心感があり買うならフリーテルの
priori2という機種にしたいと思うようになったのです。

買うか否か迷っているときに、大手家電量販店に実物が置いてあるのを発見したのです。

スマホ売り場の片隅に、小さくではありましたが、
SIMフリースマホスペースがあり実物を手にすることが出来ました。

私は、いくら評判がよくても実物を手にしてみないと気がすまない性質ですので、
じっくり吟味できて、さらに店員さんに
ちょっとした説明と質問が出来安心し購入に至ったのです。
今まで聞いたことのある店員さんって、意外とスマホのこと詳しく知らない方が
多かったのですが、今回聞いた店員さんはすごく物知りで的確に答えを教えてくれました。

この商品は、ハイスペックではありませんし、
かなりの低価格の商品ではありましたが、満足いく買い物が出来ました。

そして購入したのが半年ほど前ですが、今も何の問題も無くスマホは使えています。
LINE(ライン)やメールにちょっとした調べ物程度しか使用していないので、この機種でよかったです。
無駄な機能も無い代わりに価格も安くつき、動きもいいです。

購入した後もSIMフリー端末や格安SIMなどが気になり、
家電量販店を訪れるたびにその売り場をのぞくようになりました。

この半年ほどで家電量販店のSIMフリー端末売り場は拡大されており、
その普及の早さにビックリするほどです。

IIjmioだけですが、格安SIMへ移行するための専用カウンターを設けていたり、
取り扱っているSIM会社も何社も増えていたりしています。

今やイオンの携帯電話売り場でさえもキャリア携帯会社と同じスペースを使って
イオンオリジナルブランドの格安スマホを売り出しています。
結構イオンへ行くことがあり、このイオンスマホコーナーを見ていて
気になっていました。そこで、いざ、スマホを格安SIMで運用使用と思ったときに、
あー、そういえばイオンでやっていたなぁと、思い出し、一応ですが、
検討対象にはいりました。結局は購入対象になりませんでしたが^^;
イオンでは、有名なb-mobileとか、ocnとか、mineoとか色々なSIM
が紹介されていました。

実際の店舗が無いという格安スマホのデメリットも、
最近では少しずつ無くなって来ているのだと実感します。

 - sim