今話題の格安SIMや、SIMフリースマートフォン、MVNOなどを語ります!

今話題の格安SIMや、SIMフリースマートフォン、MVNOなどを語ります!

*

海外留学に行くのに格安SIMとSIMフリースマホを買ってみた

   

ある、友人が2013年に台湾に留学することになりました。
その際に、友人は、スマホをどうしようか迷ったらしく、
その体験談をお話してもたいました。

留学準備をする中で、困ったのが携帯電話・スマホでした。
日本で契約していた携帯電話(その頃はガラケー使用でした)は
当然台湾で使えば海外料金になってしまうので、長期の留学には向きません。
かといって、台湾で買った携帯だと日本語打てるのだろうか??
という疑問がありました。

以前、海外に住んでいる友人から来たメールが、全部アルファベットを
使って届いて(Konnichiwaというような)、
日本語をうつことができないなんて、なんて不便なんだろうと感じていたのです。

そこで色々調べた末、たどりついたのがSIMフリースマホの存在でした。
そもそもSIMって何?というところから出発しましたが、
SIMフリースマホなら、台湾でSIMカードだけ購入すれば
なんと、そのSIMフリースマホに入れるだけで使える!

インターネット上で、情報を調べて、
日本にいながら自分の好きなスマホを選んで
あらかじめ購入しておけば、台湾に行って現地の携帯屋さんに
気に入るスマホがなくてもあわてないだろうと思ったのです。

ちなみに、ガラケーよりスマホを選んだのは、海外生活でアプリが
使えた方が便利だからとの判断でした。
今は便利なアプリが沢山出ているので、地図や翻訳、現地での
バスや地下鉄を調べるのもアプリであっという間です。
ガラケーだとこうはいきません。

いざSIMフリースマホを探すとなって、インターネット上で
検索してみたところ、いくつかインターネット通販で
SIMフリースマホを専門に販売しているページを見つけました。

その当時、日本国内でSIMフリースマホは作られていなかったので、
大抵は海外からの輸入品のようでした。

輸入品を購入するなんてことは、実は初めての経験だったので
とても緊張しました。きちんと使えるのだろうか、かなり心配でした。

いくつか販売ページを見る中で、どこで購入するか、
自分の中で注意すべきチェックポイントを決めました。

1.希望のスマホを売っていること
これは当然ですね。私の場合は、SONYのものを購入しようと思っていました。
SONY製なら、日本語が間違いなく入力できるだろうという思いと、
ブランドに対する信頼からでした。

2.会社の本拠地(?)が日本で、日本人が対応していること
やはり、輸入が初めてだったということもあり、英語も苦手だったので、
質問や対応を日本人がきちんとしてくれるところがいいなと思いました。

販売しているページの中には、海外のサイトを翻訳しただけのものも
結構あったので、色々見て日本人が対応してくれるところを探しました。

3.保障期間があること
輸入品って、本当に大丈夫なのか、という思いもあり、
また、SIMフリースマホ本当に大丈夫なのかという思いもあり、
何かあったときにすぐに修理対応してくれるかどうかも重要だと思いました。

4.日本語の説明書がついていること
先ほど述べたように、日本ではガラケーしか使ったことがないので、
いきなり何の説明書もないスマホは少し難しいなと思ったので、
簡単でも日本語の説明書がついているかチェックしました。

これらのポイントを押さえた上で、
最終的に満足のいくものを購入することができました。

個人で海外製のSIMフリースマホを購入するのはいろいろと不安もあり、
最初は抵抗もありましたが、
日本では未発売の機種も手に入るし、
今では便利だなーと感じています。

 - sim