今話題の格安SIMや、SIMフリースマートフォン、MVNOなどを語ります!

今話題の格安SIMや、SIMフリースマートフォン、MVNOなどを語ります!

*

スマホ代が安くなる!格安SIMやSIMフリースマホなど

最近、スマホ代が安くなる!
との見出しで、テレビや雑誌、ホームページなどで見かけることが
おおくなりました。

今使っているスマホ代が高すぎて困っていたところ、
友人に教えてもらったサイトです。月に1万円近くスマホ代がかかっていたので、
そのスマホ代を月々換算で、事務登録手数料?という初期費用3000円や、
SIMフリー端末代金も込みで2年間使うとした場合、月々3000円以下に
抑えることに成功したのです。

色々な話を聴いて、色々な本を読み、色々なホームページも見て
格安SIMやSIMフリースマホについて研究しました。
例えば、SIMやスマホについて詳しい友人に教えてもらった
bmobileおかわりsim格安SIMの詳細を紹介という所では、色々とSIMのこととか詳しく解説されています。

普通、格安SIMで、音声通話対応のSIMで1ヶ月2000円とか
ありますけれど、単純に2000円になるわけではないんです。
先ほど述べた初期登録手数料3000円や、
SIMフリースマホという、どこのSIMでも使える端末を購入する必要が
あるので、その端末購入費用も、2年間使うと仮定して24で割って
月額料金に加算する必要があります。
(ドコモやAUのスマホであったり、SIMロックという他社と契約できない制限を解除できる機種の場合にはSIMフリースマホを買わずにそのまま使えます。)

あとは、今使っているキャリアでの、今使っているスマホなどの端末料金が
分割支払いで行っている場合には、解約した場合に支払っていかなくてはなりません。
しかも、契約している間だけ、端末の割引サービスがある場合、
契約を解除したことによって、割引のない金額で毎月支払っていく必要があります。
多くのキャリアでは、自分のところで長く使ってもらいたいので、
使ってくれている間は、半額から全額程度の割引がある場合がほとんどです。
しっかりと解約前に、店頭や電話サポート、オンライン料金確認などで
調べておく必要があります。

ただ、SIMロックの解除を、政府が義務付けるような動きが出てきたため、
これからは、お客が自社から逃げていかないように、各社で価格を安くしたり、
サービスを充実させたりといった競争が起こり、MVNOとよばれる自社では
通信回線を持たずに借り受けてサービスを行っている格安SIM提供業者と、
サービスが大差ないようになってくるかもしれません。

今まで、キャリアの料金は高すぎました。
知り合い・友人の間では、結構な割合で高額なスマホ代金に悩まされています。
毎月かかる料金ですから、それが安くなることで、ものすごく節約となります。

格安SIMにするためには、いろいろと障壁がありますが、
うまく乗り越えられば、ものすごく大きな価格メリットを受けられることが
できます。

障壁というと、今まで使っていたキャリアメール(@docomo.ne.jpとか、
キャリアのアドレスが付いているメール)が全く使えなくなってしまうことも
挙げられています。これは、ヤフーメールやGメールなどのキャリアに
依存しないウェブ対応メールを利用することで解消できます。
ただ、友人知人がたくさんいる場合で、キャリアメールを主に使って
いる場合などは、アドレスが変わったこと伝える手間が莫大なものに
なってしまう恐れもありますね。

公開日:
最終更新日:2016/09/12